ドメスティック・バイオレンスとは

ドメスティック・バイオレンスは一般的にDV(ディヴイ)と呼ばれるもので、配偶者や内縁関係、同棲カップルなど近親者間で起こる家庭内暴力の事です。ドメスティックの意味が「家庭の」という意味から家庭内暴力と表現する事が多いのですが、家庭内のように精神的に近い存在ととらえるのが正確だと思われる内容です。DVの原因は、日本の男尊女卑の考え方に根があると思われ、男性がいろんなところから来る不安を解消するために、弱者である女性に暴力をふるうと思われます。現代は、女性が男性に暴力をふるう場合もありますが、まだまだ男性に女性が暴力をふるわれるという場合が多いようです。

DVの根底にあるものは、男性側の不安と幼さで、女性側もたまに優しくされることに愛を感じたり、自分が悪いからだと思う思考パターンが悲劇を生むこととなります。女性も生育過程で愛情を注がれて育っていないため、自分が我慢すれば丸く収まると歪んだ考え方のまま成長しており、お互いが依存しあい、また、依存しあわなければ生きていけない共依存という形をとって、家庭という密室でお互いを苦しめ合う生活を送っています。

また、言葉の暴力も十分DVの可能性を秘めており、女性に暴言を常に吐く男性は、自分の弱点を隠すために家庭内だけで、しかも弱者にだけ自分のストレスを向け暴力、暴言を使います。この手の人に常に暴力をふるわれたり、言葉の暴力に苦しめられている女性が、どこかで勉強をしたり、専門家のもとで問題を解決し始めると、男性に反撃できるようになります。

反撃された男性は、女性が想像していたようなことにはならず、子犬や子猫のようにおびえるのが特徴です。しかし、にわか仕込みの反撃ではよりひどい状況になる可能性もあるので、女性側が、本気で「私たちの関係は間違っている。この男性は世の中が怖くて仕方がないのだ」と理解してからの反撃が望ましい。その時の反撃は男性に大きなダメージを与えられる。

しかし、男性側がいくらDV的な性質をもっていたとしても、女性の精神が大人としてきちんと成熟していれば、男性のDVは押さえられ、愚かな行動はしないのが盗聴です。結局、依存的な幼い二人が引き寄せ合うのが共依存なので、成熟した異性が成熟していない異性を選ぶことは無く、未成熟の人間は、生涯負のスパイラルから抜け出せないのが常となる。

そこで、どちらかが気がついたり、周りが気がつくことが大切ですが、周りにどんなにしっかりした人がいたとしても、家庭内にまでは踏み込めない事が多く、結局、苦しんでいる女性または男性が、専門家の手を借りて自分の精神の自立を図る以外に幸せになる道は少ないと思われます。さらに、長い家庭生活の中でずっと続く暴力は、加害者も被害者もこれが当然と思ってしまいがちなところが悲劇です。

DVは夫婦だけの問題ではなく、子どもがいる場合は、子どもも健全に育つことは無く、成長しても同じような配偶者を選んだり、虐待とも密接に関係してくる。このように、一人の人間の歪みは、どこにも幸せをもたらすことなく、同じような者どうしが引き寄せ合い、不幸を作り出すという負のエネルギーに満ち満ちたものとなる。

1.ウェブ算数で学ぼう!小学校の算数問題
自宅で算数の勉強をするのが楽しくなりそうな気がしました。

2.塾さぽ | 学習塾専用サポートサイト
グリーン基調のサイトに清潔感があってつい読んでしまいました。

3.eigo★21
英語の勉強も出来ますが、その他の記事も面白く読めました。

4.天才.COM 頭が良くなる方法
本当に記憶力を鍛えられそうで受験生にはいいかなと思いました。

5.無料~自宅でできる英会話上達法
無料で英会話学習!やってみる価値はありそうです。

6.あすか会の小学校受験合格講座をお受験塾講師が判定
お受験は準備が大切と実感しました。ビギナーにお勧めです。

7.予備校比較ガイド
多くの予備校からどこを選ぶか迷った時の参考になります。

8.想定外?バイリンガル物語
カテゴリが充実していて面白く読めるブログです。

9.インターネット学習塾 評判・口コミ ランキング
コンテンツメニューから目的情報が探しやすくていい感じです。

10.勉強法.com ~正しい勉強法と暗記のコツ~
カテゴリから勉強方法が引けて分かりやすいサイトです。

11.英語子育て - 3才で英検5級合格! -
これならバイリンガルな子供になれそう。大人にもお勧めです。

12.親子で楽しく英会話-子供向けおすすめ英語勉強法-
バイリンガルを目指せそうな教材が紹介されていてお勧めです。

13.中学生の学習方法と高校受験の総合サイト:勝者の勉強の仕方
人生の辛い事も経験していて信頼できそうな先生のサイトです。

14.中高生のための家庭学習教材比較
多くの教材が取り上げられているので合う物が見かりそうです。

15.子供のための家庭学習教材比較
カテゴリからの比較がしやすく教材選びにはお勧めです。

16.塾の活用|元学習塾教室長がこっそり教えます!
子供に合う塾の選び方が分かりやすくて良いと思いました。

17.誰にでも家庭で簡単にできる 子供に楽しく勉強させて学力を上げる学習サポート
ホームデザインがシンプルで記事が探しやすいと思いました。