夫婦間の依存関係に気がつくまではエンドレス地獄!

依存しあう夫婦が、それぞれ自分の問題に気がつかず、ずっと我慢しあって、依存し合って生きてる場合、本当の幸せがわからないまま、不幸のエンドレス地獄です。地獄というほど何かに気が付いていない場合が多いものですが、依存の度合いが両者を苦しめている場合、離婚もできず、解決方法も見つからず、エンドレスに続くのですから”しんどい“生活に違いないと思います。お互いの精神が自立していると、私は私、あなたはあなたという距離感が保てます。

よくあるのが、私は私、あなたも私。という考え方です。自分はあなたの知らないところで好きにしたい。だけど、あなたのことは全部知っておきたい。というものです。これを早めに切り捨てるのは旦那さんの方かもしれません。浮気をするのも不安の現れともいえます。奥さんのどろどろとした支配を自分も持っていたのでは、仕事にならない、妻の事を今どこで何をしていると考えても、仕事が手につかなくなるだけだと考えるのでしょう。

しかし、そのような場合、夫は妻が友人と出かけるのも嫌がるというパターンがあります。誰にでもやきもちを焼く人がそれです。ねちねちとしたこの夫婦関係は、依存しあう二人だからこそなので、どちらにとっても幸福ではありません。また、今回はガミガミとうるさい配偶者についての依存的夫婦について話してきましたが、静かに見守っているような配偶者と自由奔放な片方。というケースでも依存関係はあります。

自分たち夫婦が依存し合わない一人の大人同士のカップルであるかどうかを確認するには、自分チェックをすればすぐわかります。あなたは嬉しい事も悲しい事も、悩みがあっても心が充実感でいっぱいですか?そこがチェックポイントです。楽しい時も何か不安があったり、心にぽっかり穴があいているような感覚があるなら、依存カップルかもしれません。

あなた自身でそれはわかっていることだと思います。もしも、これを読んで「意味がわからない」「心にぽっかり穴?はあ?」と思った方は、心に穴があいているかもしれない…。と思った方より、もっと自立からは遠くに居ます。そういう人や気持ちをバカにしたいと思っているからです。バカにしたいと思う気持ちは、心の不均衡を隠すための材料だからです。

そのような人は、ここまで読み進めていないはずですから、もうこの話はいいですね。拒否や拒絶は自分と向き合う準備のできていない人です。これをここまで読んで下さった方は安心です。心の準備ができているようですね。あとはじっくり自分の素直な気持ちを探してみて下さい。探した後どうするの?と言われる方がよくいますが、探し出すだけで十分次の成長がまっています。

自分はこんなところに嫌だと思うんだな。本当はこれが好きだったんだな、考えたくなかったけど親が信用できなかったななど、いろんな気持ちがあるはずです。それを見つけ出せれば、次へのステップは自然とやってきます。自分の成長がきっと実感できるはずですよ。

妻への「ガミガミ返し」は意外と効く!

ガミガミ言う人が奥さんだった場合、旦那さんは長年我慢してきています。奥さんに支配されているというところですね。そんなご主人は、冷静に奥さんの事を見て下さい。意味不明な正論をかざしていませんか?とにかくあなたは役に立たない、家の事ができない等の理由から、自分が偉いんだという表現を安にされていませんか。ご主人、あなたがきちんと仕事をしてお給料を持って帰っているなら、反撃に出ましょう。

家の中を支配できる奥さんは、社会の中でも支配的で、自分の持論で世の中を見ていきます。すると世間からは嫌われます。嫌われている奥さんなど、どうでもいいかもしれません。しかし、それは子どもにも関係してくる場合があるので、旦那さんの力が必要な時もあるのですよ。旦那さんから見て、それはどう考えても妻がおかしいだろうと思う事があった時こそチャンスです。

冷静にそこはおかしいのでは?とつついてみて下さい。妻がそれで逆上すれば、静かい反論し続けられるならいいのですが、我慢の限界が旦那さんにもあると思います。そのときはガミガミ返しです。言いたい事を怒りながらでもいいので全部言い切ります。長年そんなことをしてこなかったご主人ですから、奥さんはきっと驚くでしょう。そして、より逆鱗に触れる可能性もあります。しかし、何もしないよりはいいと思いませんか。

意外と、シュン…。とする場合もありますよ。そして、その時の言葉は、妻の心に残ります。一人になると反省できることもありますよね。その事に関してゴメンナサイが言えない人でも、反撃された時の言葉はずっと心に残ります。すると、穴がた発した言葉が、もっともだと思える事なら、あなたへの態度がどこか変化するはずです。女性を大事に!とか、女性の社会進出を応援しよう!などと言われていますが、大事にしなければならないのは男も女も同じです。

同じように大切なひとつの命なのですから、どちらも尊重して助け合って生きていくのが理想で当たり前のことです。人は自然の中に生きています。自然のままの気持ちを言葉に出したり、考えたりすることが一番幸せへの近道なのです。素直な人が幸せなのは、自然に近いからだと思います。基本が素直なら、周りから愛され、信頼されます。方法や策で生きている人は幸せと言えるでしょうか。

相手にバカにされたくないと常に考えていたり、どんなことにも負けたくないと思っていたり、逆に、負けても平気と本当の勝気を隠して生きていたりということありませんか。どれも自分が傷つくのが怖いと思っている証拠です。負けるのが嫌で最初からレースに参加しないという人も同じです。傷つくのが怖いのです。「そうだよ、傷つくのが怖いんだよ」と自分で認めたら、どんなに楽か。

一度やってみて下さい。「自分は傷つくのが怖い」口に出せない人は心で思うだけでもいいです。傷つくのが怖いから怒る。傷つくのが怖いから反論できない。傷つくのが怖いから関係を持たない。傷つくのが怖いから戦わない。…自分の本音を確認できるだけでも十分に強い人です。大丈夫。あなたなら、本当に幸せな家庭を気づき直せませす。その前に、自分自身を立て直すことができます。

夫がガミガミの場合、核心を突くのは慎重に!

ガミガミ言う配偶者が夫だった場合、その人は不安と緊張感が高いので、仕事もバリバリこなしているでしょう。しかし夜はあまり眠れないという生活ではないでしょうか。仕事をバリバリこなすのは、不安を払しょくするためです。自信がない自分の心のバランスをとるために、人より一生懸命働きます。そして、同僚の事をバカにします。人を落とす発言は、自分の優越性を上げています。

しかしそんなことをしても、歪んだバランスが取れるだけで頭一つ抜き出ることはできません。ただ、シーソーのバランスが保たれればいいという付け焼刃の方法です。そのような人は、人を育てることが苦手です。自分より優れていく後輩を見送ることは決してできないからです。”青は藍より出でて藍より青し“は許さないという構図です。そのような配偶者が夫だった場合、妻は冷静にそんな夫を見てきてるでしょう。

そしてあきらめます。夫の言う事を聞いている方が反論するより楽だからです。しかしその方法は、相手をのさばらせてしまうという結果になります。しかし、長い夫婦の歴史の中で徐々に変化するものですから、妻も夫も特に問題を感じないことが多いのです。そのような二人の関係ですが、妻は夫の自分に向けて怒る様子で「本当に私が憎いんだろうな」と考え、夫は妻の冷たい態度に「自分はいつか捨てられるかもしれない」という不安を抱えます。

心の中はそんな二人なのに、状況は何も変わらないという依存しあう二人独特の関係が続くのです。しかし、時間のある妻は徐々に学習する場合もあり、たとえばこのブログで触発されたり、慣れ合っているといっても一応妻は悩んでいるので、心にヒットするタイトルの本があれば手に取ってみたりします。すると、今まで怒っている夫を直視できなかったのが、じっくり観察したり、矛盾が矛盾として理解でき始めます。

そのとき、夫が何かに怖がっていると思えた時、実際そうなのですが、それを伝えるのは慎重に愛を持って伝えてもらいたいのです。これは策に走っている考え方ですが、ガミガミ夫は心がガラス細工です。壊してしまえば、ギリギリのバランスで生きていますから仕事ができなくなるかもしれません。それでは家庭が回らなくなるので困ります。

ですから、核心を突くときは慎重にしなければならないのです。にわか仕込みの心理戦を家庭に持ち込むには、心があまりにもデリケートすぎるためです。これが逆に、夫が妻の核心を突くのなら、話は少し違います。男性より女性の方が強くできています。夫に核心を突かれたら、ショックもありますが、逆に夫を頼もしく思う可能性があります。それはやはり男性に守られているという感覚が欲しいからだと思うのです。

逆上して激しい暴力をふるってくるような奥さんなら、それはDVとして処理した方が良いかもしれません。どちらの場合も、核心を突くという事は、相手の全てが見て取れたという事ですから、いじわる心ではなく、いつくしむ気持ちで話し合ってみてはいかがでしょう。そこからが、本当のコミュニケーションの始まりです。やっとスタートラインに立ったということなのです。

ガミガミの親はガミガミと相場が決まっている

人は、育てられた環境で将来が決まります。親の育て方がどうだったかで、その子の生き方が決まるのですから、親は大きな任務を背負っているのです。ですが、その正解を誰も出しませんから、親は弱者の子どもにいろんな欲求をぶつけながら育てます。子どもから見れば、親は神様のような存在です。その人に見放されたら生きてはいけないのですから、子どもも必死になります。しかしそれは、大人の機嫌で子育てが変わる場合の子どもの気持ちです。

子どもは自然の生き物で、子どもはわがままで、子どもは自己主張をするもの。そこがピュアで愛おしい。と思える親なら、子どもは伸び伸びと自由に育ちます。その子の持って生まれた才能を存分に発揮しながら成長していきます。そのような純粋な子どもを、時にはしつけ、時には注意をし、時には怒りながら愛情を持って見守っていける親なら、その子は将来どんな逆境に出会っても、親の愛情を防波堤にして悠々と困難を乗り越えていきます。

親からもらった無償の愛情という防波堤は、親が他界した後も、その子が年老いても永遠に続きます。育ってきた環境で、たっぷりと愛情をもらった子どもは、次に外に目が行きます。ですから、元気に、外に社会に飛び出していけるのです。無償の愛情をもらえてない子どもは親が気になって外にはいけません。社会に元気に飛び出してもいけません。もちろん、防波堤も持っていないので、何かがあると潰れたり、乗り越える気力が無かったりするのです。

育てられたようにしか子どもは育たないというのはこれが所以だと思います。ですから、ガミガミ言う配偶者の親は、ガミガミな人と相場が決まっています。コミュニケーションツールとして「怒る」「批判する」の二つしか持ち合わせていないのではないかと思うくらいです。そのような人は、他人に怒れる機会があると、嬉々として出ていきます。

「怒れる機会」って変だと思いましたか?たとえば、自分の家の車庫の前に誰かの車が停まってて、車が出せない。という場合など、完全に怒ってもいいシチュエーションですよね、こんなときです。その人の無意識が「やったー怒れる!」という感じに喜びます。そして堂々と怒るのです。そして、怒っていることに快感を感じます。しかし、理路整然と話そうとする相手なら、思い切り怒れないので変な終息を迎えます。

とにかく、相手も少々失礼な人くらいがちょうどいいのです。思い切り「怒れる」から。今のシチュエーションなら、「車を出したいので動かしてくれませんか」と一言いえば済む事です。車の持ち主がどこに行ったかわからなくても、近所を回ってみるとか、こちらも急いでいるなら、少し大きな声でナンバーを読みあげてみるとか、方法はいくらでもあります。

あなたの家のガミガミな人は、どうですか?そして、あなたはどうですか?あなたの配偶者の事を考えて、自分の事も考えるといいかもしれません。私はどう思っているのか?同じように怒りたくなるのか?もしくは、優しく車の移動を願っていても、相手に恩を着せた感覚で終わることを望んでいませんか?ここにも心のひずみが隠れています。

心の問題は奥が深すぎて、ここには書ききれませんが、本人も自分で気づいた時しか内容が心に入って来ませんので、意味がわからない方は、次の機会にお会いしましょう。それがあなたのリズムですから、全く問題はありませんよ。