弱い犬ほど良く吠えるとはよく言ったものです

あなたの配偶者は毎日うるさいですよね。割合的には現在だと、旦那さんがうるさいという家庭が多いと思います。しかし、これからはわかりませんね。奥さんの方がだんだん強くなってきていますから。日本に根付いていた男尊女卑を考えると、女性が強くなって嬉しい気持ちもありますが、それは本当の良いコミュニケーションかと言われると、全く違うと思います。

どちらかがどちからを支配するような関係性は間違っています。毎日ガミガミとあなたに怒る配偶者は、何かしら不安に支配されている人です。不安で仕方がないから毎日ギャンギャンと吠える犬のように怒っています。不安を不安として自分の中に溜めて置くこともできないほど不安なのです。このタイプの人は、ひとつ思い通りになって安心したのも束の間、また次の不安がすぐやってくるので忙しく怒るんですよね。

犬が吠える原因も、ストレス・警戒・恐怖・欲求と言われています。犬は吠えることしかできませんから、同じ「吠える」で終わりますが、人間は知能もあります。ですから、いろんな意味にすり替えて怒ることができるのです。一緒に暮らしている者にとって、すり替えられることはいい迷惑です。ガミガミを受ける側は、意味がわからないからです。

しかし、この犬が吠える理由の四種類と同じで、人間がガミガミ言う人も自分でもわからない欲求が満足できておらず、何かしら恐怖心を持ち、警戒し、そのすべてがストレスとなっているのだと思います。その原因の根本は育ってきた環境にあります。子どもは、矛盾を感じたり、自然の流れに沿わない事は心に引っ掛かります。大人に怒られるから、文句も言わずに我慢しますが、心には大いに引っかかっているのです。

その経験はふに落ちないこととして怒りに変わります。その怒りがいっぱいたまったまま大人になる人が多いのですが、その怒りを解消できていないので、全く別の事がきっかけでその怒りに火が付き爆発するのです。原因は目の前の何か。ですが、その場に居る人には心の中にそんなに大きな怒りの火薬を貯め込んでるとは知らないので、急に怒鳴られて驚くのです。

そして、その心の火薬は本人も気が付いていないので、本人にはそれもストレスになるのです。このような人は一生悪循環で生きていきます。しかし、親の機嫌を慎重に見ながら生きてきていますから、上司の機嫌をうかがうのは上手だと思います。力があると思う人の機嫌を伺うのが上手だと思います。男性なら上司、女性なら友人関係の力のある人をみつけるのが早いですね。

家の中でワンワン、ワンワン吠えている配偶者を見ては、自分では訳がわからないから怖いんだな、警戒するしかないんだな、それがストレスになってるんだなと思ってあげて下さい。上から見ることであなたの気持ちも少しは軽減されるのではないでしょうか。そして、少しあなたの方に余裕ができれば、支配とは関係のない場所での大人のコミュニケーションをとる練習をしてみるといいですね。